2020年8月5日水曜日

「誰にもしゃべるな」と言われた



 私は、戦時中は、この「徳義(とくよし)炭鉱」に働いていなかったので、ここに朝鮮人労働者たちが、戦時中に働かされていたことについては、実際には目撃していないので、よく知らない。1954年に福岡県大刀洗からここに来て、この「徳義炭鉱」で19729月の閉山まで、18年間もここで坑内夫として働いた。今は、じん肺病患者に認定されて、わずかな手当てをもらっている。 
 「徳義炭鉱」(中島鉱業)の人事課長として、ここの職員住宅に住んでいたAさんのことは、よく知っている。Aさんは、海軍にもいたこともあるということだが、剣道も強い人でした。一緒に働いていた期間は短かったが、日本人や朝鮮人の労務者たちが、鉢巻をしめたり、まただらしない風体をしていると、呼びとめて、厳しくしかりとばしていたのを、何度も見たことがある。1954年、中島炭鉱の閉山騒動のストライキがあったとき、Aさんは「こんなところにおられるか」と立腹して、部下を引き連れて、小岩炭鉱に移っていった。それは、とてもえらい剣幕だった。
 このAさんは、戦時中の朝鮮人労務者のことについて、私たちに対して、いつも「ここには(徳義炭鉱)朝鮮人労務者はいなかったことにするんだ」、「朝鮮人労務者のこと、戦時中のことは、一切だれにも話すな」と言っていた。長い間、私たちはその言葉に従っていたが、もういいのではないかと思っている。


(出典:長崎朝鮮人の人権を守る会『原爆と朝鮮人』第5集、1991年)

解説

 徳義炭鉱は、長崎県松浦市にあり、1941年に開坑した。戦時中に朝鮮人労働者が働いていたことは、355人分の未払い給与が供託されていることが分かっているので間違いない。給与を受け取って運よく帰国した人などがいればもっと多くなるが、少なくとも355人の朝鮮人労働者がいたのである。にもかかわらず、Aさんが「ここにはいなかったことにするんだ」と隠そうとしたのはなぜだろうか。そこでの虐待など、不都合な事実の発覚を恐れたと考えるのが自然だろう。証言者の中垣一馬さんは1922年生まれ。証言の採取は1989831日で、当時、67歳だった。

総督府事務官「半強制的な供出をさらに強化」



…朝鮮の職業紹介所は各道に一ヶ所ぐらゐしかなく組織も陣容も極めて貧弱ですから、一般行政機関たる府、郡、島を第一線機関としてやってゐますが、この取りまとめが非常に窮屈なので仕方なく半強制的にやってゐます。その為輸送途中に逃げたり、折角山(炭鉱、鉱山)に伴れていっても逃走したり、或は紛議を起すなどと、いふ事例が非常に多くなって困ります。しかし、それかと云って徴用も今すぐには出来ない事情にありますので、半強制的な供出は今後もなほ強化してゆかなければなるまいと思ってゐます。


(出典:「座談会 朝鮮労務の決戦寄与力」『大陸東洋経済』1943年)

解説
1943年に行われた座談会のなかでの、朝鮮総督府労務課事務官・田原実の発言。前年2月から行われていた「官斡旋」段階の様子を伝えている。
本来、労務動員はやみくもに人をつかまえて何も考えずに送り込むことではない。その労働現場や、地域で必要不可欠な仕事をしていた人が奪われては困る。他方、動員先でも、明らかに不向きな人が送り込まれたら、かえって迷惑だからだ。
つまり、能力や現在の仕事などの諸事情を踏まえ、動員すべき人とその配置先を決めるのが、国家総動員法に基づく徴用の本来の制度設計だった。
日本では、職業紹介所が全国津々浦々に設置された。ところが、朝鮮では「各道に一カ所」つまり、日本で言えば各県に1つしかなかった。これではどの地区に、動員できる人員がどれだけいるかの把握は不可能だ。しかも、すでにこの時期には朝鮮農村でも労働力不足となっていた。
にもかかわらず、「官斡旋」では、数日間のうちに、ある村から50名や100名を集めろという指令が下された。
だから、無理やり、強圧的な脅しをかけてでも動員する、となっていたのである。朝鮮総督府の役人自身の「半強制的」という言葉は、婉曲ながらそれを表現している。

当時の日本の検察が記した強制連行の証言



三井芦別炭礦に於ける最近移入の朝鮮人労務者は殆ど老人(五〇-六〇歳)及年少者(十五、六歳)にして重労に耐へざる者多く之等の者の言を綜合するに農耕に従事中強制的に狩集められたる旨洩(もら)しあり


(出典:「内地北部方面に於ける朝鮮人労務者の動向竝労務管理の欠陥状況」)
『朝鮮検察要報』第9号、194411

解説
『朝鮮検察要報』は、朝鮮にいた検察関係者の内部資料とみられ、朝鮮統治に関係して注目すべき事象をピックアップしていると言ってよい。上記の文章は、日本に動員された朝鮮人労働者がしばしば争議を起すことについて、日本の企業側の労務管理に問題があることを報告している文章の一部。「芦別炭礦」は北海道芦別市にあった。
今の日本では、「野良仕事に出ていてそのまま動員された」という当時の朝鮮人の証言を大げさな話と思う人も多いかもしれない。しかし、そうした現実は時の検察関係者の言葉としても記録されているのである。